賢徳

名前の徳はお坊さん表わしている。
大きな瞳が横にらみし、僧がびっくりしているように見えてユーモラスである。

馬、牛、犬、蛸、カニの精として使われる。

s3b-kentoku1la.jpg     s3b-kentoku1lb.jpg

スポンサーサイト

狐ーⅠ

顔と顎が分かれている様式の狐の面においては、威圧的な表情のものが多いが、これは、大きく膨らんだ頬と額が独特であり、神秘的な風貌を備えている。

s3b-kitune1la.jpg     s3b-kitune1lb.jpg

「釣狐」などに使用される。

乙(オト)-Ⅰ

「乙」とは、愛らしいさ素直さを表わす言葉である。この面は多くの乙の面の中でも、鼻に特徴がある。

s4b-oto1la.jpg     s4b-oto1lb.jpg

猿ーⅠ

狂言の稽古は「猿に始まり狐に終わる」と言われ「靱猿」で初舞台を踏む。

s3b-saru1la.jpg     s3b-saru1lc.jpg

「猿の婿入り」などに使用される。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索