「能」の鑑賞

昨日は札幌で「能」の鑑賞をしました。知人が舞う能は、何時もの鑑賞の時に比べ艶やかで素晴らしいものでした。
面を打つものとして、ついつい能面の表情に注目してしまいますが、正面から観た小面は微笑を浮べ、色気さえ感じる事が出来ました。
20070323174245.jpg

20070323174312.jpg

スポンサーサイト

制作活動「次に向かって」

6-a.hannya4la.jpg


展示会も終わりのんびりしたいところですが、制作活動を始めました。
このところの気温の低下によって、ニカワの調合が難しくなりましたので、彫りの工程だけを進め、彩色は来年春先に行おうかと考えています。
般若は特異な表情をしているので、特徴を出すのは比較的容易です。注意したのは角の曲線と先細りの具合です。また、顎の張りをシッカリと出さないと優しい般若になってしまいます。
6-a.hannya4lb-1.jpg

6-a.hannya4lc.jpg

展示会終了

九月一ヶ月間の「能面展示会」を無事終えることが出来ました。
第二回目と言う事もあってか予想以上の来場者がありました。
大半は小樽市内の方ですが、能面を通して「能」の奥の深さをお話すると、大きな興味を示されていました。小樽での演能は年一回程度行われていますが、「次回の演能が楽しみ!!」とのお話がありました。
これからも、機会を見つけて展示会を続けようと、皆さんから勇気を貰いました。
ギャラリーの模様替えは12月を予定しております。
20070323165037.jpg

プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索