おにぎり三姉妹

この頃は根付の要求が増え、量産のやり方に工夫してみました。
基本は総て手彫りを行うことに変りありませんが、出来る限り瓜二つになる事を目指しています。

団子三兄弟にヒントを得て制作を進めました。
sansimai1.jpgsansimai3.jpg
スティック状に加工した材料の上部から、親指位の「乙(おにぎり型)」を彫っていきます。
この方法のメリットは二個目以降の彫りが最初のものがサンプルとなりうるために、作者の負担が少ないことなのです。
左の絵が初めて間もない頃、右の絵が彫りが完了したときです。
一卵性三姉妹になり得たかがポイントとなります。
スポンサーサイト

「大べし見」の根付

友人からの要望があり、大べし見(おおべしみ)の根付を制作することになりました。
左が私の手持ちである見本品、右手二体の制作です。
この画像は制作途中のものですが、現在完成しております。
サンプルと同じ雰囲気を出す事は至難の業で、少しづつ違ってきます。
この大きさですと型紙がありませんので、時々の感情が表情に結びつくからです。
oobesi-a.jpg

孫次郎・写し

孫次郎の型紙を新しく入手し、打ってはみたものの「さっぱし別人・・・」
かの名物面となっている三井の孫次郎を脳裏に焼き付けてのリトライ。
充分に時間をかけて、違いを発見出来ればと思っている。

おもかげ 三井文庫蔵
三井おもかげ

打ち初め

「能面を打つ」 趣味の事初めは本日からスロースタートで。
 厳寒のこの時期の工房は地下室で、灯かり取りがまったくないために闇夜の世界になります。
 一点に集中している間は雑事が無く、理想的な空間なのですが、余りに閉ざされたところに永く居ると、少々精神不安定な気分に陥る事があります。
 外の灯かりや自然の音が有る事が、存在感を感じ、気持ちを落ち着かせている要素となっているようです。
 それでも、なんとか相棒をと、地元FM局のラジオを聞きかじり、色々な話題を吸収しています。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索