般若その後

今月初めに22年ぶりに般若を打つお話をいたしました。
その後どの様な状況になっているのかをお話いたしましょう。
現在は“粗彫り”の段階に入っています。目・鼻を終え、口に入ろうとしましたら当時の口型が全く合いません。当時は最終の彫りの段階になると、先生から借り受けた面に近づけるための調整彫りを進めたことを思い出しました。其の時点で、新しい型紙を起こしておけば良かったのですが・・・・・
サンプル面から口型を写し、新しい型紙を起こします。

彫りの進み具合は道半ば、完成は来月中旬です。
09.4.26 03
スポンサーサイト

般若

初めて般若を打ったのが1987年。今から22年前になります。
このときは2面同時に打ちました。
一つは先生の教室で、指導のもとに制作するもの。
もう一つは自分の家で、指導を受けた面を手本として写すものです。
難しいと思われる面は2面同時進行で制作したもので、写真左の般若は当時指導を受けた作品です。

今回は22年の月日を経て、チャレンジです。
般若
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索