第6回 外沢 照章能面展の案内

小樽に移住して7年が経ちました。今年も能面の個展を開催します。
興味のございます方は、是非ご覧下さい。
作家が毎日会場に詰めております。出来る限り皆様の御質問にお応えいたします。

詳細については次の画像をクリックし、拡大してから御確認下さい。
100731teru1.jpg
スポンサーサイト

新作・怪士

9月の個展に展示する第三作の「怪士」が完成しました。

ayakashi1lc.jpg

小樽能楽講座 第七講 能面の世界

来る8月21日(土)11時~12時に小樽公会堂にて行います。
講座の内容については、仮面劇である能の、能面の種類について実物の能面をもちいて解説します。
また、女面については小面から姥までの形の違いや嫉妬に狂った般若などについて実物を観てもらいます。

100716teru1.jpg

本件に関する問い合わせ先は「旧岡崎家能舞台を生かす会」です。


新作・弱法師

9月の個展に展示する第二作の「弱法師」が完成しました。
古面仕立と少年の雰囲気に気を付けました。

100713teru2.jpg

新作・山姥

9月の個展に展示する第一作の「山姥」が完成しました。
白髪頭で痩せた毛描に苦労しました。

100713teru1.jpg

週2回通っている機械体操の庭での出来事です。
蝶の名前は不明ですが、同じ蝶を良く見かけます。花と蝶、夏本番ですね。

100707teru1.jpg

能面の制作は山場を迎えています。一番キライ?な毛描を行っているので、肩こりがほぐれることがありません。
本ブログの1月で木地仕上げの「弱法師」を紹介しました。只今、本番に入っています。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索