小学生の皆さんが小樽市能楽堂を見学

能面展を開催中のところに、小樽市花園小2年生の37名の生徒さんが能楽堂の見学に来ました。
想定外の能面の展示に皆さん大喜び。
能舞台の説明と相まって、能面の作り方や能面の特徴などのお話を担当することになりました。
説明を進めるに従って、生徒さんの好奇心が強くなり輝きが増してくるのです。
「それでは質問のある人は手を挙げて」と言うと大半の生徒さんが挙手です。
一瞬、「大飛出」の形相でその光景を眺める私。
子供の視点にたっての質問は新鮮で、教えられる事ばかり。
愉しい一時をプレゼントしていただいた気分でした。

100831teru1.jpg

100831teru2.jpg

100831teru3.jpg

100831teru4.jpg
スポンサーサイト

小学生が能に親しむ

26日の小樽市公会堂は賑やかです。
小樽市緑小4年の生徒さんが、総合学習の一環として能楽を楽しみました。
私も講師として参加し、能面制作の手順の話をすると共に、面を掛けたりして楽しんでもらいました。

道新の27日朝刊に掲載されました。
100828teru1.jpg

今後このような機会が沢山生まれることを願っています。

小樽能楽講座 第七講「能面の世界」

8月21日に「能の世界展」と題しての講演を行いました。
土曜日の昼時にも係わらず、大勢の方の参加をいただきました。
講演の概要につきましては
 1、能の曲に対して、使われる面と後シテへの変化
 2、能の面についての約束事と表現方法
資料の分析結果から、夫々の曲がどの様な結末をむかえるのか。そして、代表的な面を提示しての解説を行いました。
受講者の真剣な眼差しに包まれながらの一時でした。
幾分なりに、能についての造詣を深めていただくことができたことと思います。

100821teru1.jpg

100821teru2.jpg

お知らせ
8月30日(月)~9月5日(日) 小樽市公会堂に於いて「第6回 外沢照章 能面展」を行います。
能面30点程を展示いたします。無料です。お待ちしております。
詳細については当ブログの7月31日号をご覧下さい。

「能の世界展」始まる

「能の世界展」が始まりました。
能に関する催しが少ない中で、今回の企画は能を広く見つめる上で大変に有意義なものとなっています。

100812teru1.jpg

会場ではパネルによる展示を中心に、囃子を行う楽器や能面の展示も行っています。
100812teru2.jpg

能舞台ではパネルの人形が配置され、臨場感を発揮しています。
100812teru3.jpg

小樽遊幻夜会Vol.2「直面」

夏の夜の、能舞台上で演ずる独特な語り、己の道を切り開く男と影になった女の内を面々と綴ります。

開演前の様子。
100806teru2.jpg

どっぷりと日も暮れて、まさしく遊幻夜会の幕開けとなります。
100806teru1.jpg

最後に舞台上で主演の伊藤哲哉さんと原作者の蜂谷 涼さんの挨拶がありました。
100806teru3.jpg

今夏一番の暑い日でしたが、グイグイと引き込まれたひとときは、とても気持ちの良いものでした。
この講演は8日(日)まで行っています。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索