穏やかな1日

昨日は温もりが有った穏やかな1日でした。
小樽マリーナから発ったヨットの白い帆が眠気を誘います。
101023teru4.jpg

今週は荒れるとの予報が出ています。紅葉も見納めかも知れません。
101023teru3.jpg
スポンサーサイト

エリマキ

昨日、小樽から定山渓までの山岳ルートを走り、紅葉を楽しみました。
今日の話題はエリマキ。冬が近づいたからでは有りません。
これは木の俗名で、正式にはツリバナ(吊花)と言います。
落葉低木のニシキギ科です。定山渓温泉地区で見つけました。
従来からこの木をループタイの彫刻用の木として使ってきました。
ホームページに展示してあるループタイの中で、ふくれ、福の神、登髭そして、白蔵主などがそうです。
透明感のある白い色で彩色に優れこぼれ難く、彫刻に適しています。
是非使って見て下さい。

101009teru6.jpg

初秋の装い

道内の山々には初冠雪が有りましたが、平地での温度は夏の名残が消えていないようです。
小樽市内でも色付きが始りました。

今夏に私の能面展を行った小樽市公会堂です。
101007teru6.jpg

ナナカマドの実
101007teru7.jpg

もみじの恥じらいとでも表現したいところです。
101007teru8.jpg

充電中

個展の開催から早くも一ヶ月が経ちました。只今、秋を満喫しています。
中秋の名月に合わせ、我家も秋の花で彩られました。
ススキ、萩、ツリバナそして、小菊のような薄紫の花です。

花瓶は紋別で求めた流氷焼で、厳しい冬を迎える今の時期にマッチしているようです。

100922teru2.jpg

能面の創作活動は小休止、先ずは冬支度の時で、ガレージの側板の補強と落雪防止板を取り付けます。
10月の末には旧交を温めに、横浜に行きます。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索