節木増

今年の新作「節木増」が出来ました。
本ブログの4月で、型の異なる「節木増」2面の木地品を紹介しました。
どちらの作品のものであるのか判別できますか?

8月の個展には、二つの「節木増」を展示し、比べていただきます。

130624teru3.jpg
スポンサーサイト

小獅子

今年の新作「小獅子」が完成しました。
昨年10月17日で紹介した同木地仕上品に彩色を施したものです。

色調についてはサンプルとするものが入手出来なかったため、自己流となりました。

130621teru1.jpg

「獅子口」は大人の雰囲気を持っているが、「小獅子」は若く血気盛んな若い獅子の趣である。

狂言面「猿」

今年の新作「猿」が出来ました。
この猿は今年の3月に本ブログで木地仕上がり品を紹介しています。

個展出品のために彩色をいたしました。

130618teru1.jpg

8月の個展に向けて面の制作が山場に入っています。
その中に狂言面「猿」がありますが、独特の色付けと毛書きの作業が伴い、
より暑い日になりそうです。

面の制作に呼応するかのように、書画の作品も増えてきました。
妻も気が入ったようです。

130608teru5.jpg

達磨画

色絵具を施した達磨です。

ガラスの反射を避けるために、斜めから写しました。

130608teru4.jpg

能面展開催のお知らせ!

恒例となりました「第9回 外沢照章 能面展」を開催する運びとなりました。

八月の初めで暑い最中ではありますが、皆様のご来場をお待ちしております。

130605teru1.jpg
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索