「小面」のブローチ

能のメインを受け持つ3番目もの、これは鬘物と言って女性が主人公となる謡曲です。
ひときわ華やかな若い女性を表した面の代表格は「小面」でしょう。

b-koomote1a.jpg     b-koomote1b.jpg
スポンサーサイト

「空吹」(ウソフキ)のループタイ

いかにもおどけた表情である。よくとぼけることを「うそぶく」といっているが、この名前の本当の意味は、むなしく息を吹くということらしい。狂言に使用される。

s-usohuki1a-1.jpg s-usohuki1c-1.jpg

材料:一位   高さ:42ミリ

「狸」のループタイ

「狸腹鼓」の専用面。狂言に使用される。

s-tahuki1a-1 s-tanuki1c-1.jpg

材料:一位   高さ:37ミリ

「福の神」のループタイ

眉間に彫られた宝珠が神の面であることを象徴し、品位を強調している。狂言に使用される。

s-hukunokami1a.jpg     s-hukunokami1b.jpg

材料:吊り花   高さ:44ミリ

「神鳴」のループタイ

雲間から落ち腰を打って痛がる神鳴であるので、役柄にふさわしいユーモアをたたえている。狂言に使用される。

s-kaminari1a.jpg     s-kaminari1b.jpg

材料:一位   高さ:42ミリ

「鼻引」のループタイ

頬髭が無いだけで、登髭と見分けがつかないほど似ている、老翁の面である。狂言に使用される。

s-hanahiki1a.jpg     s-hanahiki1b.jpg

材料:吊り花   高さ:42ミリ

「風流」のループタイ

目や口に笑いの要素がいっそう濃い。精霊や幽霊に用いる。
狂言に使用される。

s-huuryuu1a.jpg     s-huuryuu1b.jpg

材料:一位   高さ:42ミリ

「登髭」のループタイ

いかにも野趣豊かな老爺の表情で、これが狂言では仙人や妖精の顔になる。狂言に使用される。

s-noborihige1a.jpg     s-noborihige1b.jpg

材料:吊り花   高さ:42ミリ

「賢徳」のループタイ

賢徳という坊さんが、寒風に吹き晒されたときの表情と言われる。狂言に使用される。

s-kentoku1a.jpg     s-kentoku1b.jpg

材料:吊り花   高さ:42ミリ

「ふくれ」のループタイ

乙の類型面ではあるが、垂れ下がった、ふくれた頬からの命名と思われる。狂言に使用される。

s-hukure1a.jpg     s-hukure1b.jpg

材料:吊り花   高さ:37ミリ

「喝食」のループタイ

喝食は禅寺の食堂で給仕をしている少年で、寺にいながら剃髪をしていない半僧半俗の身分を表わしている。

s-kassiki1a.jpg     s-kassiki1b.jpg

材質:吊り花   高さ:45ミリ

「大べし見」のループタイ

大きく誇張され、相手を威嚇する天狗や魔性に使われる。

s-oobesimi1a.jpg     s-oobesimi1b.jpg

材質:木  高さ:45ミリ

「般若」のブローチ

女の怨霊の極みを表現した般若のブローチを制作しました。
タテ寸法が55ミリと小振りに出来上がってます。

b-hannya1a.jpg     b-hannya1b.jpg

材料:吊り花 

山姥ーⅠ

山に棲む巫女が年老いて妖怪となった。 

s6b-yamanba1la.jpg s6b-yamanba1lb.jpg

「山姥」専用面として使用される。 

生成ーⅠ

夫に裏切られた女性の怒り、悲しみ、嫉妬、未練が入り交じった表情を示す。角が鋭く伸びきっていない所が般若に至らない姿となっている。

s6b-namanari1la.jpg     s6b-namanari1lb.jpg

「鉄輪」の後シテだけに使用される。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索