虫干し



秋の気配が漂うこの頃ですが、一年ぶりの能面の虫干しを行っています。
80面程になりました。その中で女の面は35面で、華やかさを醸し出しています。
小面、孫次郎や若女など僅かな表情の違いに視線が止まります。

140831teru2.jpg

スポンサーサイト

地吹雪の音色!!



小樽市能楽堂で昨日行われた「弘前大学津軽三味線サークル」の遠征公演の模様です。
夕刻からの公演時は少々肌寒かったのですが、津軽っ子の響きに圧倒されました。

詳細報告は本ブログのリンク先である「小樽散歩道・写真館」に掲載。

お地蔵さん集合!

140823teru1 (2)

個展が終わり次の作品への意欲を充電中に、ストラップを制作してみました。
適当な木材をナタで割り、割れた樹形を生かして彫ります。
瞑想中のお地蔵さんです。

能面展 閉会

10日(日)に能面展を閉幕しました。
第10回目の個展は、台風による雨や強風に見舞われましたが、大勢の来客が有りました。
皆様のご厚情に深く感謝申し上げます。

140809teru1.jpg

140809teru2.jpg

本日から新しい面の制作活動に入ります。新作にご期待下さい。

会期中の会場の様子は、次のWebニュースでご覧ください。

 1、小樽ジャーナルのニュース8月分に掲載
 2、小樽観光案内所のスタッフブログに掲載

能面展の会場外観



一昨日から始まった能面展の会場となった小樽市公会堂と隣接する小樽市能楽堂の景色です。
公会堂の正面入り口は、大正天皇が皇太子の明治44年に小樽で宿泊した建物です。

120710teru7.jpg  130805teru3.jpg

建屋の左側の外観と裏手に在る能楽堂から観た景色です。

能楽堂の舞台から、能面展会場を写しました。
能楽堂での講演の際に、見所となる正面と脇の2つの部屋を使用しています。

140806teru4.jpg

140806teru5.jpg

聖地で行える幸せを感じています。

第10回 外沢照章能面展 開催

能面展が開催されました。
生憎の大雨警報発令の中、熱心なファンにお越しいただき感謝の気持ちでイッパイです。

140805teru1.jpg

能楽堂に正対したコーナーには鬼神面・尉面・男面の13面があります。
また、受付の右手のガラスケースには狂言面3面が展示されています。

能楽堂の脇正面にある第3会議室には女面・怨霊面(女)の17面が展示されています。

140805teru2.jpg

8月10日(日)までの9時~17時 小樽市公会堂地下展示室です。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索