真蛇(山姥)

やっと誕生したモデル面です。
シナの木を使って打ってみました。木の特徴は粘りが強く、普段使用している桧材と比べると彫ずらいです。
やはり、桧に勝る材料は見当たりません。

141225teru1.jpg

141225teru2.jpg

山に住み着いている鬼女で、13世紀末に活躍した“赤鶴”作と言われています。

新年の初打ちは桧材で真蛇を制作します。
彩色は5月以降に行い8月に予定している個展に出品します。
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索