小樽市能楽堂夏季公開 詳報

小樽市能楽堂の夏季公開チラシを入手しました。
今年も色々な催しが予定されています。

一番のおすすめは 能楽・小樽プロジェクト「小樽能楽100年記念祭」でしょう。
能楽体験教室を初めとし、「紅葉狩」「橋弁慶」などの観能ができます。愉しみですね。

150528teru1.jpg

ライトアップした能舞台を鑑賞するチャンスも設けられています。是非体感してみてください。

私が主催する能面展があります。今回から能面の展示数を大幅に増やし、43面以上を予定しております。
皆様の来場をお待ちしております。ご希望あれば会場での能面の説明も考慮いたします。。

150528teru2.jpg
スポンサーサイト

小樽市能楽堂夏季公開

今年の小樽市能楽堂の公開が5月31日(日)~9月6日(日)まで行われます。
小樽市民も参加する能の公演や、能舞台を活用した色々な催しも予定されています。

150526teru1.jpg

150526teru3.jpg

私が主催する能面展も能楽堂を借景として7/28(火)~8/2(日)まで、小樽市公会堂に於いて行います。
今の時期は能面制作の真っただ中、6月末には完成させて夏を謳歌したいです。

150526teru2.jpg

150526teru4.jpg




制作中を覗き見る

7月の展示会発表に向けて、新規制作品の途中の状況を覗いてみました。
「万媚」「甘柘榴悪尉」です。

150516teru1.jpg

150516teru2.jpg

下地胡粉の作業中で初回の胡粉塗りと研ぎが完了し、2回目の下地胡粉を塗り終えた状況です。
下地胡粉を施す一番の目的は、木地の彫刻刀の刃紋を消し、肌面を滑らかに仕上げることです。
塗りと研ぎを合計4回程度繰り返した後、最後は仕上げ胡粉に顔料を混ぜて塗ります。

完成は6月中ごろでしょう。
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索