「大べし見」のループタイ制作

小樽も暑い日が続いています。制作活動をしている小屋の温度は35℃近く、思考力散漫となり7寸の能面にチャレンジするだけの気力が湧き出ません。
北国でのこの気温はほんの一時。じっと我慢のときなのです。この心情にマッチするのが吽形の口もとが特徴的な大べし見です。
42ミリの高さに表情を凝縮します。涼風を求めて、ガマンガマン。
20070323161122.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索