「俊寛」の汚し

今回展示品の中の「俊寛」の汚しについてお話します。
syunkan1lc.jpg
上唇のふちの周辺や下唇から下口髭にかけて、細かいキズを付けています。
この目的は古面仕立がメインですが、艶をおさえるなどの目的も付加されています。
やり方は、椰子の繊維を3センチ程度に束ねた棒柱状のものを造り、仕上胡粉後にタタキます。
その後で霧やタンポを使い彩色を施すのです。
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索