文化庁「子供のための優れた舞台芸術体験事業」

平成22年度の文化庁「子どものための舞台芸術体験事業」として小樽市内の小学校4校において、能楽に親しみや興味をもってもらう事を目的に体験授業を行いました。
主催は「旧岡崎家能舞台を生かす会」が行いました。
“能面の講話”と題して能面の歴史や種類、そして、能面の作り方などのお話を私が担当いたしました。
講話の最後には各人に面を付けてもらい、仮面劇の雰囲気を味わってもらいました。

2011-0122-読売新聞-朝刊
(読売新聞 1月22日(土)小樽後志版)

能についての認識を高めてもらうように、今回のような活動に参画して行きます。
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索