小樽の能楽展

小樽能楽文化復興継承プロジェクトの活動として「小樽の能楽展」が10月1日~5日まで、小樽市産業会館 二階 大ホールにおいて開催されています。小樽と能楽との関連について、パネルを用いて説明がなされていました。
オープニング企画として「能楽体感ゼアミナール」が開かれました。
私は講師として参加し、能面の制作工程についてのお話を致しました。

111001teru1.jpg

111001teru2.jpg
能面が木で作られ、重量の軽さにビックリするとともに、面を通して見える視界の狭さに演者の方の苦労を幾分なりとも理解が出来た様子でした。
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索