能面「釈迦」

前回の作品「生成」から3.5ヶ月が経ちました。
11月末からスタートした「釈迦」の彫が、他の仕事に阻まれまして、やっと木地での完成です。
彫を行う上で難しかったのは螺髪です。ほぼ3重丸で螺旋状に伸びています。
桧を材料としていて、細かい部分の材料の欠けが起きないように細心の注意をいたしました。
この後、彩色になりますが、気温が高くなる5月以降に行います。

120201teru3.jpg

120201teru2.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索