能楽体感ゼアミナール 開催される

小樽能楽文化復興継承プロジェクト「能楽体感ゼアミナール」が27日の午後5時より、グランドパーク小樽五階のホールで開催されました。
この催しを主催したのは「旧岡崎家能舞台を生かす会」です。
130227teru1.jpg


スタートは能面とひな祭りの展示・解説や、お囃子の楽器の体験コーナーがありました。
能面は私が担当して、面の解説や制作の手順のお話しをしました。
130227teru3.jpg

130227teru4.jpg

謡や仕舞ではプロとアマチュアとが合体して日ごろ練習に励んだ成果を発表していました。
半能「高砂」で幕となりました。

施設内での写真撮影が禁止されていたために演技を写すこと出来ません。
250人の客席はほぼイッパイとなり、大盛況でした。
130227teru2.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索