能舞台で津軽三味線



小樽市能楽堂の能舞台を使い、盛夏に涼風を求めて津軽三味線の合奏を聞き入りました。
今年で連蔵4回目となる、弘前大学津軽三味線サークルの公演です。
舞台には25名の奏者が上がり、一斉に鳴り響く弦の音が・・・・ ”もうタマリマセン”

女性軍の踊り手も登場し、会場を盛り上げます。
170810teru9.jpg

13曲を演奏し、観客の大きな拍手が続きました。
会場は満員御礼の状況でした。
170810teru8.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索