「白蔵主」のループタイ

八月の一ヶ月間行う小樽市公会堂での展示会に出品する新しい作品と思い、「白蔵主」(ハクゾウス)にチャレンジしました。
「白蔵主」は狂言面で、老僧に化けた狐の面貌です。
しかめた眉が人間への怖れを想像させるとともに、やや突き出た口の当りに化けきれていない様子が残るのも、不気味さが強く感じられます。
白蔵主A

白蔵主B


スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索