fc2ブログ

獅子口の彫りーⅨ

獅子口の彫りも目を刻む段階まで進みました。
220523teru1.jpg

面の縦軸中心にケガキ線がかかれています。この線上に横の型紙を当てる位置を表す点が示されています。
彫りを進めるにあたって注意することは、横の型紙を当てながら彫りますが、彫りの箇所と関連する上下の2か所に対しても型紙を当てて、相互の形状の関係性を確認しながら行う事が大事です。

220523teru2.jpg

次回は目を入れた彫りの最後を紹介します。
彫りの最後は、形が出来上がった形状の木肌が滑らかになるように仕上げ彫りをおこないます。
面裏の仕上げもいたします。


スポンサーサイト



プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ