小樽市能舞台で狂言鑑賞

「今年の小樽市能舞台は熱い」と道新の移住ブログに書きました。
今月19日~21日までの三日間、「佐渡鷺流狂言」の公演があります。待ち望んでいた本物の能舞台を使っての狂言です。昨日鑑賞いたしました。

笑を誘うユーモアタップリの演目に、会場は盛り上がっていました。



この公演を主催したのは「小樽市民会館自主事業」とのことで、今迄耳慣れない事業のやり方です。
これは、市が力を入れている文化遺産の活性化活動によるものと思われました。
今回の事業は市が保有する能舞台を生かし、市民に憩いを還元する企画に“感激!!”を連発です。
ちなみに、入場料は無料なのです。スゴイことだ。
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索