打ち初め

「能面を打つ」 趣味の事初めは本日からスロースタートで。
 厳寒のこの時期の工房は地下室で、灯かり取りがまったくないために闇夜の世界になります。
 一点に集中している間は雑事が無く、理想的な空間なのですが、余りに閉ざされたところに永く居ると、少々精神不安定な気分に陥る事があります。
 外の灯かりや自然の音が有る事が、存在感を感じ、気持ちを落ち着かせている要素となっているようです。
 それでも、なんとか相棒をと、地元FM局のラジオを聞きかじり、色々な話題を吸収しています。
スポンサーサイト
プロフィール

外沢照章

Author:外沢照章
1984年から能面打ちを始めました。
定年退職を機に、2003年に小樽へ移住し能面打ちにハマっています。

カテゴリー
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索